前へ
次へ

腰痛にならない心構え、個人で出来る内容は

腰痛にならないためには、自身でできる内容についての心構えを持つのもポイントです。人は、生きて生活を行っている限り、何かと腰に負担がかかる状況に合っています。そのため、1時間に1回ほど背筋を伸ばす癖を身につけ、腰痛の予防に繋げていくのも大切です。整形外科などの医療機関によっては、治療目的としてスイミングを勧められる場合もあります。水泳は、浮力によって、腰に負担を与えることなく筋肉を鍛えられるためです。毎日の入浴は、腰の血行を良くして、予防に効果があります。シャワーだけで済ませている人は、腰痛になる可能性もあり、意識を変えるのも大切でしょう。意外にも、普段履いている靴、合わない靴を履いていると腰に負担が詰まる場合もあります。特に、ヒールを履く女性は要注意であり、腰痛の原因について押さえておかなければなりません。重たい荷物を持つ場合は、急に立ち上がるのではなく、足を曲げてから持ち上げると腰への負担が軽減できます。引越しなどで重たい荷物を持たなければならない場合、この知識を思い出すのも大切です。

Page Top