前へ
次へ

尻もちをついた事で腰痛が発生しました

家庭内で転倒した際に尻もちをついてしまい、その時は大きな痛みを感じなかったのですが、翌朝に目が覚めた時に腰痛が発生しました。その痛みは簡単に消えるものではなく、湿布などを貼っていても大した効果が実感できなかったので、試しに利用してみたのが近くにある整体院です。身体の状態を詳しく調べてもらったところ、尻もちをついた時に骨格が歪んでしまった可能性があるとの事で、身体の左右のバランスをまずは整えてもらいました。すぐに痛みが引くという事はありませんが、歩いている時の腰の違和感が改善された事が分かります。また尻もちをついて腰痛が悪化しないか心配だったので、現在では家庭内のあちこちに手すりを取り付けており、転倒しそうになっても手すりを掴めるようになりました。お尻や股関節の骨がズレている事も分かり、少しずつ矯正する作業を進めながら痛みを改善したところ、現在では痛みや痺れにも悩まずに歩く事ができています。

Page Top