前へ
次へ

腰痛は予防に徹することが大切です

人間の体の中で、重要な部分を占めている部分があります。それは腰です。腰は月偏に要と書く通り、体の中心で体を支える役割をしており、ココの問題が生じてしまうと、自由に体を動かせなくなってしまいます。腰は体の中心部部分で最も重要な部分を占めているだけあって、日常的に負担がかかりやすい部位です。だから、腰を痛めるケースがよくあるのです。世の中には、腰の痛みを抱えている人が多数存在しています。この腰痛は一度なってしまうと、長期にわたって苦しめられることが多いモノです。ですから、腰痛にならないように予防に徹することが何よりも大事です。腰は重いモノを腕で持ち上げるときに、とても負担を生じやすいモノです。脚を曲げずに腕だけで重いモノを持ち上げようとすると、腰に多大なる負担がかかってしまうので、脚をしっかり曲げてから、モノを持ち上げる習慣をつけたほうが賢明です。腰痛になると身動きがし辛くなり、運動不足になりやすく、足腰が弱ってしまう原因ともなりますから、若いうちから腰痛には気を付けたほうが安心です。

Page Top