前へ
次へ

腰痛の原因となる椎間板ヘルニアとは

腰痛の原因になるものに、椎間板ヘルニアがあります。この病気は腰部にある背骨の部位において、椎骨と椎骨の間でクッション的な役割をする軟骨が何らかの理由で変形してしまい、一部分が飛び出してしまい周辺神経を圧迫してしまうものです。この圧迫された状態が腰や足付近に激しい痛みをもたらすことになるもので、座骨神経痛とも称されることになります。座骨神経痛を起こす原因となる椎間板ヘルニアは、環境がもたらす要因だけではなく遺伝体質が関係する場合もあると言われます。また加齢も大きな影響があり、高齢者がこの症状を示す時には、腰椎すべり症とも呼ばれます。腰痛を治すためにはが必要な人も出て来ますが、多くの人は保存療法を取ると思われます。理学療法や薬物療法、神経ブロックなどの方法が行われることになります。理学療法とは、筋肉を強化して再発を防ぐ目的や専用の器具などを利用することで、腰部を牽引するなどが行われます。また神経ブロックでは、局所麻酔などの注射を打つことで、痛みを和らげることになります。

Page Top